外科医として、フットケアスペシャリストとして | スクールオブペディ

卒業生の声

外科医として、フットケアスペシャリストとして

写真:スクール卒業生 高井真紀 様

外科治療にフットケアを採用
外科医として陥入爪や巻き爪で受診される方を診察する機会があるのですが、従来の外科治療に疑問を持っていました。

西洋医学では悪いものは取ってしまえばいいという考えなのですが原因を残したまま治療をしても治らないのではないかと思い、「足のトラブルの根本改善」のための知識を学べるこのスクールことに惹かれ、入学したのです。

福岡から月2回通うのは大変でしたが同じ志を持つ人たちと知り合うことでいい刺激ももらいました。教わったことを活かして医師に加えてフットケアスペシャリストとして人々のために役立てる日々に喜びを感じています。

高井真紀 様