卒業生の声

技術だけではなくて足を通して患者さんのいろいろな深い思いとか聞けるようになった

Q1.なぜフットケアを学びたいと思ったのですか?

病院でフットケア外来を立ち上げたいという思いと、自分の足もきれいにして、いろんな知識を増やすことで患者さんにいろんな指導やケアが提供できるのではないかと思いました。

Q2.数あるフットケアのスクールの中でなぜスクールオブペディを選んだのですか?

ホームページを見て、桜井先生や西田先生のような著名な先生方の指導を直接受けられる事と事務の方に相談をしたときにとても丁寧に親切にに教えていただいたことが決め手の1つです。

Q3.スクールオブペディア(フットケア)で学んで良かった点はなんですか?

症例の課題とかがあったんですけれどもその一つ一つが今現在の携わっているフットケア外来につながっていたり、一番の宝としては、先生と出会えたこともですけど、仲間と出会え、後々の困った時に相談ができたりとか、いろんな場所で会ったときに仲良くいろんな話ができるというのが、通ったことによって、交友関係が広がり継続できていることが良かったと思うことです。

Q4.卒業後はどのようにフットケアを役立てていますか?

技術はもちろん通ったことで上がったと思います。技術だけではなくて足を通して患者さんのいろいろな深い思いとか聞けるようになったこととかがとても良かったなって思います。

足のケアをすることでほんとにきれいになった足を患者さんが見て、患者さん自身がその足をきれいにしていきたいという思いを持ってもらえました。それもすごく良かったと思う瞬間です。

Q5.将来の夢を聞かせて下さい

今後の方向性としては、1人ではできることは限られているので、患者さんができる事はしていただく、それ以外にスタッフにも広めていくことで、1人だけでなく多くの患者さんや多くの地域の方たちの足を守れたらなと思います。

医療フットケア学科卒業

山梨県 内藤裕美 様

病院勤務

北陸・甲信越地区の卒業生の感想は?