よくある質問 | スクールオブペディ

よくある質問

スクールの開講は横浜本校のみですか?
スクールの拠点は、神奈川県横浜市となっております。
2020年4月開講の講座より、これまでの通学授業に加えて、ライブ配信授業、録画配信授業をバランスよく取り入れて開講できるように致しました。横浜本校への通学日数が以前に比べ少なくなりました。
遠方の方やお忙しい方の通学のご負担も少なくなり、より学びやすい環境をご提供できるようになりました。
遠方からの通学なので宿泊しようと思います。提携している宿泊施設などはありますか?
提携している宿泊施設はございません。横浜駅周辺は比較的宿泊代が高いので、数駅離れた場所でお泊りになる方が多いようです。
学校選びの前に確認しておきたいこと
リフレクソロジーもフットケアも民間資格です。国家資格でも公的資格でもありません。
国家資格のように資格がないとできない仕事ではありませんので、極端な話、独学でもいいのです。
大事なのは、しっかりとした知識、技術、接客術が学べるかということです。
どんな資格を取得できますか?認定証はありますか?
認定試験を設けております下記のコース、学科に関しましては、最終日に実施する認定試験に合格いたしますと「認定証」を発行いたします。
・医療フットケアコース
・トータルフットケアプロコース
・フットケアプロコース
・変形爪・爪補強プロコース
・足部機能訓練スペシャリストプロコース
・ボディケア学科
上記以外の専科、単科に関しましては、認定試験がございませんので、認定証は発行いたしませんが、履修したことを意味する「修了証」は発行いたしております。また、認定試験を設けていない単科・専科におきましても、別途ご要望がございましたら認定試験を追加して受験いただく事も可能です。
その場合は、単科・専科の授業費用のほかに認定試験費用も必要となりますので予めご了承ください。
スクールが遠いのですが、近隣にサテライト教室はありますか?
当スクールの通学授業は、すべて横浜本校での開講となっております。
現時点ではサテライト教室はございませんので、ご了承ください。

申し込みについて

希望コースの入学可能枠をキープできませんか?
当スクールでは、現在ホームページからの受講お申込み順にて承っておりますため、仮予約としてお席をキープすることはいたしておりません。ご不便をお掛け致しますが、何とぞご理解いただけますと幸いです

受講費用・教材費等の支払について

支払い方法について教えてください。
【支払い方法・分割支払いについて】
受講費のご入金方法については、以下の 3 通りがございます。

・受講費のお支払い方法:
(1). 銀行一括お振込み(ゆうちょ銀行・楽天銀行)
(2). 銀行お振込み 特別分割払い〔3 回払い・別途分割手数料 1 万〕(ゆうちょ銀行・楽天銀行)
(3). クレジットカード払い

受講費用が税別 10 万円を超えるお支払いの場合、(2)もご選択いただけます。
(2)の分割お支払いをご希望の場合は、
ご入金先の金融機関(ゆうちょ銀行・楽天銀行いずれか)をあらかじめおしらせいただき、専用の契約書を取り交わします。
その際に保証人様 1 名のご署名を頂いております。
初回ご入金は、受講費用全額の 3 分の 1 の金額+手数料 1 万円、ご入金期日は受講お申し込み日より 8 日後となります。
2 回目は受講費用全額の 3 分の 1、初回の 4 週後がご入金期日、
3 回目は受講費用全額の 3 分の 1、2 回目の 4 週後をご入金期日といたします。

(3)については、スクールに対しては一括でのお支払いをお願いしておりますが、
それぞれのクレジットカード会社様との間のご契約内容によっては、
分割やリボ払いへのご変更などができる可能性もあるかと思います。

※なお、教材費のお支払い方法につきましては、
銀行一括お振込み(楽天銀行)のみとなっております。
(クレジットカード払い、分割払いでの対応はしておりませんので、予めご了承くださいませ。)
「受講料」には教材(テキストや用具類)の費用は含まれていますか?
受講料は、コースや学科の授業そのものの費用のみを指しており教材費は含まれておりません。
教材費とは、テキスト、器具類、消耗品(洗浄用品なども含む)などの金額となっております。
いつまでに受講料を支払えばいいですか?
入学願書を提出いただいた後、お振り込みのご案内に関するメールが届いてから 8 日以内に受講料をお支払いください。講義が間近の場合には、講義の 10 日前までお支払いください。
教材費につきましては、授業当日に請求書をお渡ししますので請求書受領後 7 日以内をご入金期日としております。
※8 日以内にお振込みの確認が取れない場合は自動的にキャンセルとなります。
通学するにあたり学割は使えますか?
当スクールは学校法人ではございませんので交通機関における学割の適用はございません。

振替・休学について

授業の振替について教えてください
【振替受講について】
お仕事のご都合やご体調不良などで、やむをえずご欠席なさる授業については、振替受講が可能です。
どの授業においても原則としてその期の期間中に一度のみの開講となっておりますため、当初の受講期の次の期の日程での振替受講をご案内いたしております。
認定試験はすべての授業に出席し、さらに規定の課題をすべて提出し終えた方のみが受験可能となります。
したがって、途中の授業をご欠席なさった場合にはご欠席回ならびに認定試験についても次期以降での振替となります事、ご了承ください。
振替可能な日程は、欠席日より 1 年以内を期限といたします。
※振替の規定については、送付資料のカリキュラム冊子の最後の部分にスクール規約として掲載しておりますのであわせてご確認下さいませ。

【医療フットケアコースの場合】
マンツーマン授業での振替受講はしていただけませんので次の期以降の残席の有る日程への振替をご案内しております。そのため、直近の次期コースが満席の場合には、さらに先の期での振り替えとなる可能性がございます。またその場合、ご欠席なさった授業だけではなく、認定試験日も次期以降の残席の有る日程への振替となりますので、予めご了承くださいませ。当スクールは、少人数制での運営となっておりますので、ご体調不良等のやむを得ない急なご事情をのぞきまして、期をまたいでの受講は推奨しておりません。
現時点でご都合の付く期での受講をご検討いただければ幸いでございます。
病気や怪我で通えなくなった場合には?
休学制度がありますので、ご安心ください。体調が回復されてからでも引き続き受講が可能です。詳細は資料のスクール規約をご参照ください。
横浜へ通学する時期に県をまたぐ移動が可能かどうかの保証がありません。
横浜本校での実技演習に参加出来ない場合はどうなりますか?
弊校では、2020年4月より、動画配信授業と通学授業を交えた新カリキュラムで運営中です。
「理論&実技デモンストレーション」授業については、動画配信授業となりますので、横浜校へご来校いただかなくても学んでいただける環境が整っております。

しかしながら、「実技演習」の授業については、横浜校へご来校いただくカリキュラムとなっておりますため、万が一、実技演習授業にご参加いただけない場合は、「実技演習」の講義のみ振替受講、もしくは、受講を一時中断なさる必要が出てくることもあろうかと思います。
その場合にはスクール事務局までご相談ください。

入学について

受講に際しては、(社)日本トータルフットマネジメント協会(JTFA)会員への申込が必要との記載がありました。(社)日本トータルフットマネジメント協会(JTFA)について教えてください
2019 年 1 月開講講座より、足の専門校 SCHOOL OF PEDI の受講生の皆様には、(社)日本トータルフットマネジメント協会(JTFA)への加入をしていただくこととなりました。
規約変更にともない 2019 年 1 月からは一般価格を廃止し、JTFA 会員価格のみを提示しております。
なお JTFA 会員価格は JTFA へのご入会手続き完了後からの適用となります。
スクールへご入学いただく場合は、「個人正会員」または「団体会員」へのご入会が必須となります。
※「個人準会員」は「フットケア業務賠償責任保険」専用となっております。現在準会員の方は、受講お申込みに際して「個人正会員」への変更お手続きが必要となります。
※JTFA のご入会手続きにつきましては(社)日本トータルフットマネジメント協会のHPよりお願いいたします。
入学にあたっての選考条件はありますか?
願書のご提出ならびに、書類選考がございます。
初心者でも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。
初めての方でもしっかりと学んでいただけるように、基本からはじめていきます。確実に技術が身につくように少人数制で学んでいただき、技術習得の未消化がないようにつとめております。
実技演習のクラスにおいては、講師 1 名につき受講生は 6~7 名までとしております。1 クラスあたり、講師 2~3 名で対応する場合もございます。
手の力や、体力がないのですが大丈夫でしょうか?
私も最初はか細く、力もあまりありませんでした。正しい姿勢とリズミカルな重心移動を利用することにより、力がなくても充分に補えます。また、練習を重ねるうちに力の入れ具合や施術者として必要な力が自然とついてきますので心配はいりません。(校長談)
不器用なのですが大丈夫でしょうか?
初めてのことは誰でもうまくいかないものです。あまり、構えないで気楽に考えて下さい。
技術の未習がないように親切丁寧を心がけて講義をしています。技術的に問題がなくなるまで指導いたしますのでご安心ください。
男性ですが大丈夫ですか?
フットケアは男性で活躍されている方も多い業界です。実際に男性の受講生も毎年いらっしゃいます。
医療従事者でなくても受講できますか?
看護師としての実務経験が少なくても受講できますか?
医療フットケアコースに限りましては、医師・看護師・准看護師の資格を有する方を対象としておりますが、そのほかのコース、学科につきましては、どのようなバックグラウンドの方でも受講いただけます。
なお、下記の応用的な 4 つの授業については、ネイリスト検定 3 級以上の知識・技術をお持ちの方を対象としており、フットケア用のマシン(小型グラインダー)を使用できる事が受講条件となります。
(※他校で学んだ方については、ディプロマのコピーをご提出いただいております。)
・ドイツ変形爪ケア B/S Spange4 タイプセミナー
・ドイツ UNGUISAN ブルーライトライセンス取得セミナー
・ドイツ ERKODENT 社 Onychofix セミナー
・ファブリックによる爪補強セミナー
年齢制限はありますか?
当スクールでは年齢制限は設けておりません。なお、フットケアはお手元での細かい作業が中心となりますので視力の調整をこまめにしていただく必要はあるかと思います。
仕事をしながらでも受講できますか?
受講生のほとんどの方はお仕事をつづけながら学んでいらっしゃる看護師や会社員の方々です。
各コースや学科の受講頻度は月に 2 回~3 回程度というペースで構成されております。
2020 年 4 月開講の講座より、これまでの通学授業に加えて、 ライブ配信授業、録画配信授業をバランスよく取り入れて開講できるように致しました。お忙しい方の通学のご負担も少なくなり、より学びやすい環境をご提供できるようになりました。資料に同封しております開講スケジュールやホームページの各講座の開講日程をご参考になさって下さい。
東北より通いたいと考えていますが、実際に通われている方はいますでしょうか。
東北だけではなく、全国から弊校をご利用いただいております。
フットケアの学びだけではなく、仲間とのつながりもお持ちいただくことが可能です。
現在、徐々に緊急事態宣言が解除になっており、弊校は、横浜校への通学講座(実技講義)は、6月中旬から開始しております。
また、「理論と実演」の講義は、動画配信を4月より開始しておりますので、ご自宅などで学んでいただくことが可能です。

教材について

すでに持っている教材がありますが新たに購入しなくてはいけませんか?
すでにお手持ちの教材については、重複してのご購入は不要ですのでご安心下さい。
教材には何が含まれますか?
お届けいたしますスクール資料の中では、受講費の情報と、教材費(テキスト・器具・マシンなど)の詳細についてもご案内しております。
お持ちでない、マシンやテキスト類は、スクールで準備させていただきますのでご安心下さいませ。
器具、マシン代はどの位かかりますか?
医療フットケアコースの場合、
基本のフットケアに関する器具、マシンなど一通りで約 18 万円前後となっております。
トータルフットケアプロコースの場合、
概算のご案内となりますが、総額で約 300,000 円+税~となっております。
授業の初日に教材各種のご案内をいたしますので、必要な教材をご購入頂けます。
スクール修了後に購入可能な器具類の値段などを教えてください
送付資料に教材費(テキスト・器具類費用)の概算を載せております。
当スクールの卒業生の皆様は、卒業後も、受講中と同価格にて物品をご購入いただけます。

授業の開講日時について

スクールの開講時間を教えてください
横浜本校での通学授業の開始時刻は 10:30~(開場 10:00)となっております。
「医療フットケアコース(全 9 回)」「フットケアプロコース(全 15 回)」「角質ケア学科」「リフレクソロジー学科」の授業については、10:30~17:30 が授業時間となっております。
医療フットケアコース(全 9 回)は全授業の終了時刻が 17:30 まで、トータルフットケアプロコース(全 15 回)と変形爪・爪補強プロコース(全 8 回)におきましては、13:30 終了の授業が 1 回、19:00 終了の授業が 1 回ございますが、それら以外の授業はすべて 17:30 までとなります。
認定試験日の終了時刻については、30 分前後の延長となる場合もございます。

2020 年 4 月開講の講座より、これまでの通学授業に加えて、 ライブ配信授業、録画配信授業をバランスよく取り入れて開講できるように致しました。通学いただく回数、開講時間等が変更になる場合がございます。
受講に関してのスケジュールのご相談などを事務局あてにいただければ幸いです。
開講は土日ですか?毎月通う必要がありますか?開講の頻度を教えてください。
コースによっては、ひと月に複数回の授業が開講されるものもございますが、すべてのコース、専科、単科がそのような日程を組んでいるわけではございませんので、まずは、送付資料をご覧いただきましてご希望の受講内容・日程をご検討下さいませ。
2020 年 4 月開講の講座より、これまでの通学授業に加えて、 ライブ配信授業、録画配信授業をバランスよく取り入れて開講できるように致しました。通学いただく回数、開講日時等が変更になる場合がございます。
受講に関してのスケジュールのご相談などを事務局あてにいただければ幸いです。

講義について

マンツーマンの開講について教えてください
コースや講座内容、もしくは講師のスケジュール調整が可能な場合に限りましてマンツーマンでの開講が出来る場合もございますが、「医療フットケアコース」に関しては、マンツーマン開講は承っておりません。
また、「トータルフットケアプロコース」「フットケアプロコース」などの各コースにおきましても、2020 年~2021 年の開講スケジュールにおきましては、講師と教室確保の調整上、マンツーマン開講が承れなくなっておりますので予めご了承くださいませ。
授業はどんな形で進められていくのですか?
基本的には、現役のスペシャリストが学科・実技ともに担当いたします。少人数制のため落ち着いた環境で適度にリラックスして学んでいただけます。学科・実技ともに実践的な内容を中心に講義していくので、無駄がなく短期間に必要なノウハウを習得できます。
また、希望者は実際の店舗での現場研修も受講いただけますので、臨場感とお客様を意識した動線なども卒業する前から学べます。
どんな先生が教えてくれるの?
校長は 2002 年に、横浜・関内で「足の専門店 ペディケア」を開業し、数ヶ月で行列ができる人気サロンにまで育て上げた現役のフットケアスペシャリストであり、スポーツ医学博士としてフットケアの効果を検証する研究者でもあります。
海外での技術研修を毎年欠かさず行うだけでなく、国内外の最新かつ正確な、さらにはお客さまに寄り添う技術・知識を学び続けておりますので、日本国内だけでなくドイツやカナダなどフットケアの本場の最新技術も惜しみなく伝えております。講師紹介の詳細はこちら
卒業までの最短日数はどのくらいですか?
足の専門校 SCHOOL OF PEDI では、全 2 回~3 回の受講で修了証が発行される専科から設けております。
課題提出と、認定試験を受検・合格し、ディプロマを発行するまでの期間は、およそ 4 ヶ月程度となります。
サロン現場研修ではどんなことをするのでしょうか?
実際の現場である直営サロン「足の専門店 ペディケア」にてアシスタント業務の経験をしていただけます。
開店の準備から電話対応、接客(施術以外)、キャンペーンなどの企画や POP づくり、閉店作業など、サロン運営の一連の流れを現場にて学べます。開業を検討中の方は、コース受講中に現場研修を受ける事で、卒業後のイメージがより具体的になるでしょう。
足の専門校 SCHOOL OF PEDI ではどのようなフットケアを学べるのですか?
基本は、ドイツの足学(ポドロジー)をベースとしていますが、足の先進国北米、特に、カナダの最新の技術も取り入れています。足爪の正しいケア~肥厚した爪・変形した爪のケア、鶏眼(ウオノメ)や胼胝(タコ)のケア、リフレクソロジー、足部へのテーピング、インソール製作、フットプリントの採り方・読み取り方、靴の履き方・選び方、正しいセルフケアの方法など、足に関する「トータル」な視点でのケア技術・知識を学べる学校です。
足の専門校 SCHOOL OF PEDI ではどのようなリフレクソロジーを学べるのですか?
西洋と東洋をミックスしたオリジナルのイタ気持ちいい膝下から足裏反射区を刺激するオイルトリートメントです。
フットリフレクソロジーのほかに、ハンドリフレクソロジーやヘッドリフレクソロジーの講座もございます。
少人数のクラスはありますか
当スクールの実技演習の通学授業は6~7名までの受講生様に対して1名の講師がつくように構成しており、受講生の人数が多い場合でも13~14名での開講となっております。
また、実技演習の無い座学授業の場合も15~16名程度を 最大定員として開講しております。
できるだけオンラインで授業を受けたいのですが
4月よりスタートいたしました通学コースの新カリキュラムでは、動画授業と通学授業を交えた構成で開講しております。
動画授業とは、実技演習の授業の中でも「理論」と「デモンストレーション」に関して動画でご覧いただくものです。
動画授業で実技の理論や動き、言葉や概念などをしっかりと予習をしていただいた後に通学授業へお越しいただいて実際に実技を体感しながら学んでいただくというプロセスで、フットケアの各技術を立体的に習得いただく構成となっております。

いずれのコースも、新カリキュラム導入後に動画配信の授業を設けております。
動画配信授業で技術面での予習をしていただくことで通学授業での理解がスムーズになるメリットと、従来に比べて、13日の通学日数削減にもつながってはおりますが、フットケア自体が技術面での学びの比重が大きい性質のものですので、高度な到達レベルを求められる「トータルフットケアプロコース」や「フットケアプロコース」、「医療フットケアコース」等においては、通学授業そのものをなくすことはできないのが実情です。
オンラインのみでの受講をご希望の場合は、オンライン学科もございますのでご検討くださいませ。
(なお、オンライン学科で学べる内容は、セルフケアやご家族、ご友人などごく近しい方で、かつ健常な方のケアを目的としておりますので、予めご了承ください。)

■オンライン 学科 ホームページ
https://www.pedi-online.jp/

受講コース選択について

どのコースを受講したらいいかわかりません
受講プランを考えるにあたっては、受講目的や受講スケジュール、ご予算だけでなく、今後の展望(希望)なども加味してご検討いただく必要がございますので、まずは、カリキュラム内容をしっかりとご確認いただいてから、スクール事務局までメールかお電話でご相談をいただければと思います。
資料の中に、スクールのカリキュラムや宿題(課題)の詳細、購入物品のリストなども同封しておりますので、必要とされる内容やご予算、スケジュールなどもご確認頂きながらご検討いただけますと幸いです。
受講内容も 2 日間や 3 日間で完結する専科もございますのでぜひ一度受講プランについてご相談いただければと思います。
開業目的の場合、医療フットケアコースとトータルフットケアコースのどちらが良いでしょうか?
将来的にトータルフットケアのできるサロンの開業をお考えとの事ですので、当スクールのコースでそのようなご要望に最も合うのは『トータルフットケアプロコース』のカリキュラムです。
コースを一気に受講なさるのは難しい場合には、トータルフットケアプロコースのカリキュラムに含まれている講座を、少しずつ順番に受講なさっていくことも可能です。トータルフットケアプロコースは、様々な学科を総合的に学べるコースです。
また、医療現場で現在ご活躍なさっている方の場合は、ひとまず医療フットケアコースを受講なさってから、開業に必要な講座を順次履修していかれるというケースもございます。いずれにしましても、フットケアをどのような場で生かしたいのかを、短期的・中長期的の両方の視点からご検討いただくのがよろしいかと思います。
今すでに開業しております。通信(オンライン学科)でも大丈夫でしょうか?
すでにご開業なさっていらして、さらなるブラッシュアップのために受講をご検討なさっている方には、通学コースでの受講をお勧めしております。
オンラインではなく通学コースをご案内する理由としまして、当スクールのオンライン講座で習得できる技術・知識は、セルフケアや、親しい方(ご家族やご友人など)のトラブルの無いお足もとを対象としたケア技術に関するものとなっており、あくまでもフットケア技術の入口の部分、基礎的な部分の習得にとどまってしまいます。
想定されていらっしゃるような、お客様へのケアとなりますと、高度で複雑な内容が必須となりますし、またマシンも利用した施術が必要となってまいります。したがいまして、それらの内容を網羅している通学コースでの受講をお勧めする次第です。
トータルフットケアプロコースと医療フットケアのコース内で学べる変形爪へのケア内容に違いはありますか?
トータルフットケアプロコースでは基礎的な足爪のネイルケア技術から巻き爪の補整や欠損した爪の補綴、薄く弱い爪の補強技術に至るまで、ネイルケアの授業が全部で 6 回ございます。医療フットケアコースでのネイルケアの授業回数は 1 回ですので変形爪へのケアを重点的にお考えの場合は、トータルフットケアプロコースまたは変形爪・爪補強プロコースをお勧めいたします。
ネイリストですが、高齢者の変形爪や、タコや魚の目などの角質ケアなどを学びたいです。
どのコースが良いですか?
フットのネイルケアに関する正しいケアの基本から応用技術までを学ぶには、「変形爪・爪補強プロコース」を受講なさるのがもっとも偏りがなくしっかりと学べるコースとなってはおりますが、角質ケアの授業が含まれておりませんので、「角質ケア学科」を追加なさると、胼胝・鶏眼のケアについても学ぶことが可能です。
インソール講座と足部テーピング学科のみを受講したいのですが可能ですか?
インソール講座・足部テーピング学科の単発受講は、残席がございます場合には、単発でも受講いただけます。受講に際して必要となる費用は、「受講費」と「教材費」となります。別途、日本トータルフットマネジメント協会(JTFA)へのご入会が必要です。
ヘッド&ハンドセミナーに興味を持っています
上記コースに関してのパンフレットのご用意がございませんので、お手数ですが、ホームページをご参照くださいませ。http://school.pedicare.jp/course/tanka_headhand/
リンパマッサージに興味があります。勉強できるコースはありますか?
当スクールではリンパマッサージ、あるいはリンパドレナージュと称する講座の開講はございません。当スクールで身体や足・脚部などへのトリートメントについて学ばれる場合は、リフレクソロジー学科や、ボディケア学科をご案内しております。しっかりとした圧を伝えて整えるタイプの手技となります。
通信講座ではインソール講座は受けられませんか?
オンラインで受講いただけるのは、角質ケア、ネイルケア、リフレクソロジー、テーピングの 4 講座となっております。
短時間で学習できるようなお試しできるようなコースはありますか?
お試しを目的とした講座ではありませんが、例えば足爪のネイルケアのみを学ぶ「ネイルケア学科」などの「専科」であれば、 2~3回の通学と動画受講で、基礎から中・上級の内容までを通してしっかりと学ぶことができます。
「医療フットケアコース」など「コース」では授業回数が多い、金額が高い、学ぶ範囲が多い、といった方からのニーズが高いのは、ピンポイントで学べる「専科」となっております。

■専科紹介ページ
http://school.pedicare.jp/course/#senka
フットケア外来を運営するには医療フットケアコースが最適でしょうか?
これまでのご入学実績で申し上げますと、フットケア外来に勤務中や勤務を希望している看護師の方は、医療フットケアコースでの受講を選択されるケースが多いと言えます。
一方で、将来の開業を視野に入れている方の場合は、最初からトータルフットケアプロコースをご選択なさる方もいらっしゃいます。

なお、医療フットケアコースを卒業後に、各プロコースへ編入する、という事ももちろん可能ですので、当座の目的だけではなく将来的な展望も含めてご検討なさることで、よりニーズに沿った内容での受講プランが見つかるものと思います。
『変形爪・爪補強プロコース』の内容 について教えてください。
『変形爪・爪補強プロコース』の内容ですが、足爪の基本的なケア方法から、巻き爪・変形爪の補正、人工爪による欠損した爪の補強や補綴などまで習得していただくカリキュラムとなっております。
その為、ネイル用ニッパーやヤスリ、ゾンデ、ネイル用マシンなどを使用しての技術をお伝えしております。

授業では、受講生お一人お一人にマシンをご持参いただき受講いただいております。
ご参考までに、スクールで販売しております持ち運び型のマシンは浦和工業の『G3』というマシンとなります。

受講コースの移行、編入等について

医療フットケアを受講したいと思っていますが、途中でトータルフットケアプロコースなど他のコースに変更可能ですか。
医療フットケアコースとトータルフットケアコースを並行もしくは、順番に受講いただく事は可能です。
いずれもコースとしてカリキュラムを構成しておりますので両方のコースを受講なさるのであれば、受講途中でコース変更をするのではなく、それぞれのコースで認定試験まで終えていただくようにご案内しております。
なお、医療フットケアコースを受講なさった後に、トータルフットケアプロコースへ編入あるいは、並行して受講なさる場合ですが、医療フットケアコースとトータルフットケアプロコースでは、重複している授業がいくつかございますが、履修済みの授業については 2 度受講いただく必要はございませんし、受講費も不要となります。より総合的にしっかりと学びたい方には、無理・無駄無く受講いただけるスタイルとして支持されております。医療フットケアコースとトータルフットケアプロコースで重複する授業は以下の 4 つの授業となります。
・角質ケア Basic/医療「角質ケア演習」と共通
・ネイルケア Basic/医療「爪ケア演習」と共通
・リフレクソロジーBasic/医療「フットマッサージ演習」と共通
・インソール Basic/医療「インソールの基本・フットプリント演習」と共通
1つのコース修了後、他のコースへの移行はできますか?
通学の講座については、当初の受講内容が修了した後に、他のプロコースや単科・専科に編入されるケースや、一度受講した授業を再受講いただく事が可能となっております。スケジュールやご予算にあわせて、少しずつ受講なさる方もいらっしゃいます。
医療フットケアコース受講と同時に通信コースを並行して行うことは可能ですか。
並行しての受講も可能ですが、通学コースを受講なさるのでしたらオンラインの受講は不要かと思われます。
オンライン講座で習得できる技術・知識の範囲は、セルフケアや、親しい方(ご家族やご友人など)のトラブルの無いお足もとを対象としたケア技術に関するものとなっており、あくまでもフットケア技術の入口の部分、基礎的な部分の習得にとどまってしまいます。
医療機関や介護施設等でのケアを想定している場合には「医療フットケアコース」への通学をおすすめしておりますし、開業を視野に入れている方には、3 つのプロコース「トータルフットケアプロコース」「フットケアプロコース」「変形爪・爪補強プロコース」での受講もお勧めです。
のちのち、医療連携サロンや訪問フットケアサービスを立ち上げる予定の看護師の方の中には、「各プロコース」と「医療フットケアコース」を並行受講又は、順番に受講なさる方もいらっしゃいます。

高齢者向けのフットケアの習得について

高齢者向けのフットケアはどこまで必要ですか?
それぞれの方が携わっている現場において、施術対象となる方のお足もとやお身体の状態やその方の置かれている環境によって、必要な度合いや選択肢の違いがあるかとは思います。
参考までに、当スクールの在校生・卒業生で、訪問看護や介護施設などの看護師として従事されている方たちは、足指のネイルケア、足部の角質ケアは必須の技術として毎日のケアに活用されています。中には、巻き爪の補整技術(B/S スパンゲ)や、人工保護爪などの応用的な内容までしっかりと学ぶ方もいらっしゃいますが、応用的な技術を必要とされてから追加受講されることの方が一般的です。
なお、疾患のある方のフットケアは医師の指示の下での施術となりますので、医療との連携が取れている事と積極的なフットケアの実施は密接な関係にあると言えます。
近年、当スクールの医療フットケアコースを受講される方の多くが高齢者のフットケアを念頭に置いて受講されていますし、講座の内容もそのニーズに即したものとなっております。
高齢者のためのフットケア起業を個人開業で考えています。
トータルフットケアプロコースには医療フットケアで学ぶ講座がありませんが、別途講座を受講するか、医療フットケアコースのみでもいいのか考えています。
ご検討中の「トータルフットケアプロコース」や「フットケアプロコース」「変形爪・爪補強プロコース」はフットケアサロンを開業される方や、 フットケアスペシャリストとして就職なさる方を育成することを主目的とした講座となっております。看護師のバックグラウンドをお持ちの方で開業を目指される方の場合で多く見られますのは、「トータルフットケアプロコース」のみ受講なさるケースと、「医療フットケアコース」+「トータルフットケアプロコース」のように、2 つのコースを順番に受講なさるケースです。
医療フットケアコースのカリキュラムの特性上、技術演習の時間がどうしても少なくなってしまいますので、開業を視野に入れていらっしゃる方は、のちのちトータルフットケアプロコースへの編入などプロコースでの学びを追加なさることが多くございます。
当スクールの卒業生のご活躍ぶりもご覧になっていただきまして、より幅広く開業のイメージをつかんでいただくのもよろしいかもしれません。
■卒業生の声
http://school.pedicare.jp/voice.php
■医療フットケア学科の卒業生の所属先・サロン情報
http://school.pedicare.jp/g-iryou.php
■卒業生の勤務先・サロン情報(医療フットケアコース以外の卒業生)
http://school.pedicare.jp/g-salon.php

開業について

開業の相談も出来ますか?
現在、開業に関しての授業やセミナーはございませんが、受講生様・卒業生様からのご相談については個別に承っております。
就職先の斡旋などは行っておりませんが、開業に関するご質問などは随時承っております。サロン開業に限らず、フットケアの技術・知識が活かせる環境は様々です。ぜひ一度卒業生の紹介ページも参考になさってみて下さい。
■卒業生の勤務先・サロン情報
http://school.pedicare.jp/g-salon.php
■卒業生の声
http://school.pedicare.jp/voice.php
■医療フットケアコースの卒業生(医療フットケアスペシャリスト)の所属先情報
http://school.pedicare.jp/g-iryou.php
どんなサロンが作れますか?
開業を視野に入れている方には、3 つのプロコース「トータルフットケアプロコース」「フットケアプロコース」「変形爪・爪補強プロコース」での受講をお勧めしております。 なお、卒業後も当分は病棟やクリニックにてフットケアを行い、のちのち、医療連携サロンや訪問フットケアサービスを立ち上げる予定の看護師の方の中には、上記のプロコースと並行して、「医療フットケアコース」を受講なさる方もいらっしゃいます。卒業後にどのような形で働きたいのか、どのようなプランをお考えか、またご予算やいつまでにご卒業なさりたいか、などによっても受講プランが変わってまいります。

最も総合的な内容を学ぶことのできる「トータルフットケアプロコース」においては、爪のケア、巻き爪や変形した爪のケアや補正・補強、角質ケア、リフレクソロジー、インソール調整・作成、巻き爪や足部アーチを補正するテーピング技術、サロン開業等を想定した演習などを習得いたします。
お客様のお足もとの不調や痛みの原因を総合的に判断することで、爪や角質のケアをだけでなく、靴の見直しや歩き方の指導などにもアプローチできる、より根本的な改善提案のできるフットケアスペシャリストを目指す方、開業や専門のサロンでの勤務を目標とされる方のニーズに合う講座です。

スクールのホームページでは当スクールの卒業生のご活躍ぶりなども、ご覧いただけます。ご参考になれば幸いです。
■卒業生の勤務先・サロン情報
http://school.pedicare.jp/g-salon.php
■卒業生の声
http://school.pedicare.jp/voice.php
■医療フットケアコースの卒業生(医療フットケアスペシャリスト)の所属先情報
http://school.pedicare.jp/g-iryou.php
就職先を紹介していただけますか?
就職先の斡旋などは行っておりません

資格取得後について

受講後にスクール生はどのような活動をしていますか?
当スクールの卒業生のご活躍ぶりを以下よりご覧にいただけます。
■卒業生の声
http://school.pedicare.jp/voice.php
■医療フットケア学科の卒業生の所属先・サロン情報
http://school.pedicare.jp/g-iryou.php
■卒業生の勤務先・サロン情報(医療フットケアコース以外の卒業生)
http://school.pedicare.jp/g-salon.php
資格取得後に研修を受けられるような制度等はありますか?
履修後、卒業後のスクール生の方に向けては再受講制度(正規価格の半額)がございます。
また、受講中から卒業後まで一貫してご利用いただけるスクール生専用の Facebookグループにて講師や先輩、同期の受講生の皆さんあてにご質問やご相談をしていただく事も可能です。
ホームワーク実施中や卒業後の実際の現場で技術的に行き詰った、といった場合にもご活用いただいております。
Facebookのグループはスクール生の誰もがご覧になれる場ですが、個別で講師にご相談や技術の確認をなさりたいという場合には、講師に直接メールでご連絡いただく事も可能です。
実際に、卒業後に再受講や別の講座を追加受講なさる方は多くいらっしゃいます。受講後の環境や、目標、状況にあわせ再受講や追加受講などを組み合わせることで、技術の向上や情報の更新を常に図っていただければと考えております。
インストラクターなどの講師としての資格習得はできるのでしょうか?
現時点(2020 年 4 月)では講師育成コースの開講を延期といたしましたが、今後開講予定となっております。

通信・オンライン講座等について

eラーニングでの講座はありますか?
通学コースに関しては、eラーニングシステムは現在導入しておりませんのでご了承ください。
■オンライン学科について
https://www.pedi-online.jp/

また、当スクールには、別にオンライン学科がございますが、修了時の到達レベルは、健康な方の、セルフケアや親しい方・ご家族向けのケアができるようになることが目的の内容となっておりますので、開業目的の場合や、医療機関で導入するフットケア技術をご検討の場合には、通学コースの講座でご検討いただく事をおすすめいたします。
全ての通学の授業をオンラインで受けることは可能ですか?
2020 年 4 月開講の講座より、これまでの通学授業に加えて、ライブ配信授業、録画配信授業をバランスよく取り入れて開講できるように致しました。 横浜本校への通学日数が以前に比べ少なくなりました。
遠方の方やお忙しい方の通学のご負担も少なくなり、より学びやすい環境をご提供できるようになりました。
通学授業を開講する場合は、現在のところすべて横浜本校での開講を予定しております。

オンライン学科で受講いただける通信講座の内容は、ネイルケア、角質ケア、リフレクソロジー、テーピングの4 種類となりますが、通学コースで受講いただける内容と比べますと、より基礎的な内容となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。
勤務や家庭との両立が難しいので通信で受講した方がいいか迷っています
当スクールの通学部門の受講生のほとんどが、お勤めしながら受講なさっている方々です。お休みの申請やご家族とのスケジュール調整はどなた様も大変なようですが、まずは資料請求時にお送りしております資料のスケジュールをご覧いただいて受講プランをご検討いただければと思います。
勤務先での患者さんへのケアや、フットケアサロン開業が受講目的の場合においては技術面・知識面いずれにおきましても最終的には通学講座のレベルでの受講が必要となります。
(オンライン講座の場合は、疾患の無い健康な状態のご家族や知人・友人へのケア、あるいはセルフケアを主に想定したカリキュラム内容となっております)
通信講座で受講しても認定証がいただけるのですか?
オンラインの講座内容は、通学講座における「Basic」レベル相当の授業となっており、取得できるのは「スペシャリスト 2 級」の資格となっております。
その上のレベルに相当する「スペシャリスト 1 級」を取得いただくためには、通学講座の Advance レベルの授業を修了していただく必要がございます。また、「スペシャリスト」の認定資格を取得いただくためには、通学講座の Advance レベルの授業を修了し、認定試験にも合格していただく必要がございます。
【スペシャリスト 2 級】:「オンライン講座を修了した方」
ならびに、「通学講座の Basic レベルを修了した方」
↓↓
【スペシャリスト 1 級】:「通学講座の Advance レベルまで修了した方」
↓↓
【スペシャリスト】:「通学講座の Advance レベルまで修了し認定試験にも合格された方」、
ならびに、「プロコースを修了し認定試験にも合格された方」

なお、オンライン学科の受講後に、さらに高度な技術や知識を学ばれたい方は、通学のクラスに編入していただく事で、継続して学ぶことも可能です。
オンラインでの受講はどのコースでも受けることが出来るのでしょうか?
オンライン学科で受講いただける内容は、ネイルケア、角質ケア、リフレクソロジー、テーピングの 4 種類となりますが、通学コースで受講いただける内容と比べますと、より基礎的な内容となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。
オンライン学科(通信)についてはこちらのホームページをご覧ください。http://www.pedi-online.jp/
オンライン学科の資料については、お客様の方でダウンロードのお手続きをしてからご覧いただく手順となっております。
通信制度がありますが通学の授業との差はありますが?質問などはできますか?
また、通学するならば追加で授業を受けられますか?
オンライン学科(通信講座)では、受講期間中は受講生様専用のマイページにおいて、受講に関してのご質問を受け付けております。なお、受講期間を終えてマイページへのアクセスが出来なくなってからも、メールにてお問い合わせいただく事が出来ますのでご安心下さい。
通学のコースとオンライン学科(通信講座)とでは、到達目標の着地点に大きな違いがございます。オンライン学科の場合は、セルフケアやご家族・お知り合いなどに、適切なケアを行うための知識・技術を習得できるものとお考え下さい。
一方で、開業や一般のサロンでの就業をご検討中の方においては、通学コースの中でも「プロコース」のカリキュラムが適しております。その中でも最も総合的な内容を学ぶことのできる「トータルフットケアプロコース」においては、爪のケア、巻き爪や変形した爪のケアや補正・補強、角質ケア、リフレクソロジー、インソール調整・作成、巻き爪や足部アーチを補正するテーピング技術、サロン開業等を想定した演習などを習得いたします。お客様のお足もとの不調や痛みの原因を総合的に判断することで、爪や角質のケアをだけでなく、靴の見直しや歩き方の指導などにもアプローチできる、より根本的な改善提案のできるフットケアスペシャリストを目指す方、開業や専門のサロンでの勤務を目標とされる方のニーズに合う講座です。
通学の講座については、当初の受講内容が修了した後に、異なる講座を追加受講することや、一度受講した授業を再受講いただく事が可能となっております。スケジュールやご予算にあわせて、少しずつ受講なさる方もいらっしゃいます。
オンライン学科につきましては、下記サイトより資料をダウンロードいただけますのであわせてご覧いただければ幸いです。■オンライン学科サイト https://www.pedi-online.jp/

ライブ配信授業・録画配信授業について

スマートフォンからも視聴可能ですか?
Zoomを使用したライブ配信授業の際は、Wi-Fi環境下でのパソコンやタブレット端末、スマートフォンで視聴していただく事になります。
録画配信授業を視聴いただく際は、スマートフォンでも視聴可能ではありますが、視聴いただく際は、スマートフォンよりも、大き目のタブレットやパソコン画面での視聴環境をお勧めしております。
広い画面で視聴なさったほうがスライドなどの文字も見やすくよく理解できますのと、画面が広いと集中力が維持できて疲労感の軽減につながります。
自宅のパソコンは家族で共有していますが、視聴できますか?
パソコン自体は、ご本人の所有のものでなくても問題ありません。
また、事前に希望者の方にはZoomのテスト通信を行っており、Zoomを使用したことが無い方でも、慣れてうまく使いこなしていらっしゃいます。
課題に変更はありますか?
宿題(症例課題)は授業ごとに指定の提出件数と期日をお知らせして提出していただいております。
宿題の件数や内容は、資料で送付しお知らせさせていただきます。
提出日は次回授業まで、もしくは指定の期日までとしており、Zoomライブ配信授業や録画配信授業であっても授業内容に即した課題が課されております。

試験について

試験は何度でも受けられますか?
足の専門校 SCHOOL OF PEDI では認定試験で不合格となった場合、再試験を受けることができます。その際の試験料は有料となります。なお、不合格による再試験(筆記・実技)は 1 回目の試験日より 2 年以内とし、受験回数の上限は 3 回とします。詳細は、送付資料のカリキュラム冊子の最後に載っております。スクール規約の第 9 条(再試験・補講)に関しての記載事項をご参照ください。
試験の合格率を教えて下さい。
期によって変動はございますが、一回目の試験(筆記+実技)で合格するのは 7 割程度の方々です。
合格ラインは、筆記、実技それぞれ、80 点以上です。再試験は受験可能ですが、回数や期限の決まりがございますので送付資料のカリキュラムの最後に掲載しております規約をあわせてご確認下さい。
試験が不合格の場合どのような流れになりますか
万が一、認定試験を不合格となった場合は、次期開講コースの認定試験を有料にて再受験していただきます。
認定試験には筆記試験と実技試験がございます。筆記と実技のいずれか片方のみ合格なさった場合は、不合格となった分野のみ再受験いただければ結構です。

課題について

課題は、どの程度の量になりますか。
送付資料の中に、課題の内容やボリュームについても記載しておりますので、あわせてご確認いただければ幸いです。

医療フットケアコースの宿題(事例)についてですが、送付資料に記載のある通りの件数と内容になります。
施術対象として多くみられるケースはご勤務先の患者さんや利用者さん、職場のご同僚・上長、プライベートのお知り合いなどに施術モデル様となっていただくケースですが、疾患のある方のケアを行おうにも、ご勤務先等でのケアの実施ができない、そもそも管理困難な状態の患者さんや利用者さんと出会える環境にない、という方もいらっしゃいます。そのように、宿題の事例を行う事が困難な方の場合には、西田先生引率による、病院や老人ホームでのオプション実習(1 回あたり 50,000 円)を 1 回~複数回受講いただく事で、課題提出の条件に見合う事例が実施できるようになっております。

なお、宿題を実施するにあたっては、スクールからは依頼書等の発行や施術モデルの斡旋はしておりませんのでご自身で依頼先様とのご調整をしていただく流れとなります。フットケア同意書の見本(サンプル)書式はお渡ししておりますのでそれを参考に、オリジナルの施術同意書などを作って勤務先等で事例のための施術を行っている受講生の方もいらっしゃいます。オプション実習の場合は、講師の西田先生が会場と日程のアレンジをいたしますので、授業の際に受講生の皆さまで希望日を調整してゆくといった流れとなります。

(※現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から一部施設において実習の受け入れを中止しております)

トータルフットケアプロコースの宿題(レポート課題)の事例数は 60 事例~ですが、いっぺんに課されるのではなく授業内容ごとに 1 回 3 事例~5 事例程度の宿題が出されます。
全ての宿題を定められた期限までに提出していただき、さらに認定試験以外の授業もすべてご出席していただきますと、最後の認定試験を受験いただくことが可能となります。

単発受講について

単発受講について教えてください
単発受講なさる場合は、基礎レベルから次第に応用レベルへと順番に受講していただければ、単発にて受講いただけます。受講に関してのスケジュールのご相談などを事務局あてにいただければ幸いです。

医療関連

取得できる資格は外来の診療報酬の対象になりますか?
当スクールの認定試験に合格し、「医療フットケアスペシャリスト」などの認定資格を取得した方がご勤務先の医療機関でケアを行うことと、管理料の取れる施設基準とには関連性はございません。
認定試験合格者に付与される「医療フットケアスペシャリスト」をはじめとする各スペシャリスト資格は民間資格となりますが、資格の付与基準は、全授業への100%の出席、課題(症例)の提出、認定試験(筆記・実技)への合格という総合評価にもとづいており、正しい知識と技術によって適切なケアが実施できる人物であるということ裏付けるものです。したがって、当スクールを卒業後には、より自信をもって安全・安心なフットケアの実施ならびに啓蒙活動を、行えるようになるものとご認識ください。
「医療フットケアコース」の授業の中では、診療報酬に関する運用実態にもしっかりと触れてまいりますので、現在フットケアを実施している方だけでなく、今後医療現場にフットケアを導入したい、フットケア外来を立ち上げる予定がある、といった方が多く受講なさっていらっしゃいます。
スクールのホームページでは当スクールの卒業生のご活躍ぶりなども、ご覧いただけます。ご参考になれば幸いです。
■医療フットケアコースの卒業生(医療フットケアスペシャリスト)の所属先情報
http://school.pedicare.jp/g-iryou.php
■卒業生の勤務先・サロン情報
http://school.pedicare.jp/g-salon.php
■卒業生の声
http://school.pedicare.jp/voice.php
スクールに通いながら働ける地方の病院情報を教えてください
スクールではそのようなご案内をしておりませんので何卒ご了承くださいませ。

その他

施術をつづけてゆくことによって、手や腰を痛めることはないでしょうか?
手や腰を痛めるとセラピストとしては致命的ですし、一人前とは言えません。まずは、手や腰を痛めないように施術時の正しい姿勢を覚えていただきます。 正しい姿勢で身体全体を使ってリズミカルに重心移動させることにより、手や腰の負担を軽減させます。
新型コロナウイスル感染症問題がありますが開講していますか?
新型コロナウイルス感染症への対応につきましては、以下のリンクをご参照ください。
◆COVID-19(新型コロナウイルス感染症)への対応について◆
http://school.pedicare.jp/info/2863.html
フットケア指導士の資格を取りたいと思っていますが看護師の資格と経験がないと難しいですか?
『フットケア指導士』は「日本フットケア・足病医学会」の認定資格となります。
当スクールは「一般社団法人日本トータルフットマネジメント協会」の指定校であり、「一般社団法人日本フットケア・足病医学会」との直接の関連はございません。『フットケア指導士』の受験条件については、直接「一般社団法人日本フットケア・足病医学会」へご確認いただく事をお勧めいたします。
自分の足を人に見られたくないのですが、演習では自分でも足を他の方に見られることはありますか?
演習では相モデルでの実技演習を行いますので受講生同士で足を観察したり、実際にケアを行う事がございます。
フットケアの価格設定について
併設のフットケアサロン「足の専門店ペディケア」のコースや料金設定は、以下の通りとなります。
■「足の専門店ペディケア」コースと料金のご案内
http://www.globalcare.co.jp/course.html
足の専門店ペディケアは、一般の方を対象としている路面店のサロンで、横浜市内(最寄り駅より徒歩 5分圏内)に 2 店舗ございます。顧客層は、痛む巻き爪の補整や伸びない爪、陥入した爪のケア、分厚く肥厚した角質や深い鶏眼のケアを目的とする方から、リラクゼーション目的の方まで、小学生~90 代の男女と幅広く、所要時間 10 分あたり、1,200 円程度が主要な価格帯となります。
また、巻き爪補正や人工保護爪など、別途材料費などをいただくメニューではその分も加味した価格設定となっております。
コースや価格の設定に関しては、地域性や対象者の状況、どのようなメニューが主力になるのか、どのような環境でフットケアを実施するのか、など考慮すべき要素は多くありますが、卒業生が実際に立ち上げたサロンやサービスの内容をご覧いただいてご参考にしていただくのもおすすめです。施設向けのフットケアサービス(訪問)を立ち上げている方や、有料老人ホーム内に併設されているフットケアサロンを開業している方、フットケアを特徴として打ち出している訪問看護ステーションへ就職されている方などもいらっしゃいます。
入学まで不明点は随時質問は可能でしょうか。
ご不明点や、ご不安な事がらがございましたらお気軽にご連絡下さいませ。
スクールの資料が届きません
スクール資料はクロネコ DM 便にてお送りいたしますので数日でお手元にお届けの予定です。
建物名やお部屋番号の追記が必要な場合やお届け先名が表札と異なる場合は、詳細をお知らせください。
クロネコ DM 便では、表札の表示名とお届け先のご氏名が異なる場合などに、お届け出来ない事例が発生することもあるようです。