「全て1から教えてくれて、わからないことを何度も説明してもらいました」 | スクールオブペディ

卒業生の声

「全て1から教えてくれて、わからないことを何度も説明してもらいました」

写真:スクール卒業生 鎌田則子 様

リフレクソロジーの仕事をしてからフットケアの存在を知りました。
ネットでいろいろ検索していたら、ペディケアのHPに出会いました。
かれこれ、そのHPに出会ってから1年くらいしてからスクール開講、通うことが決まりました。

決めたきっかけは、祐子先生の想いと私の考えが近かったから。
ブログもみていたので、先生がどんなことを考えて、
どういう想いでスクールを開くかを知ったので決めやすかったのもあります。

削って終りではなく、どうしてここに角質が溜りやすいかや、
足の骨格からみて判断できること、靴選びの大切さ、つめの正しい切り方、
実技もマシンの使い方や初めて触るニッパーの使い方も…
全て1から教えてくれて、わからないことを何度も説明してくれる所が、
このスクールを選んでよかったなと思う所です。
マシンを使ってのやり方と使わないやり方、両方覚えることも出来てよかったと思います。

卒業後私は、すぐに独立をするのではなく、カイロプラクティックのフットコースで
角質ケアをやらせてもらっています。
カイロも骨格に関する改善を目的としたサロンなので、
スクールで習った足の骨についてやアドバイスがとても役立っています。

ペディケアでの、現場研修も魅力のひとつです。
サロンの忙しさもですが、実際にお客さまの足を見ながら、
教えてもらったり、施術後に解説してもらえるのは勉強になりました。

ペディケアで現場研修して、インソールについてや巻き爪矯正、
いろんなことを知り、もっと深く学びたいって気持ちになりました。

それも、祐子先生自体もいつも新しいことを吸収して学んでいることが、
周りにも影響しているんだなぁと思います。

フットケアプロコース卒業

岩手県 鎌田則子 様

卒業後の進路:就職

癒しの空間&セラピーのお勉強

北海道・東北地区の卒業生の感想は?